クラリスロマイシンを飲む際の注意点

クラリスロマイシン服用時に気をつけるべき注意点

クラリスロマイシンは1970年代大正製薬によってつくられ、1991年にアメリカのアボット社より市販が行われた抗生物質(抗菌薬)です。

 

細菌のたんぱく質合成を阻害して、細胞分裂による増殖を抑制します。また、既存の抗生物質と比較して酸に強いことから、コーティングなどで胃酸から保護せずに一定の効果を得ます。

 

安定した効果を持った抗生物質ですが、注意点もいくつかあります。注意点をしっかり守って飲まなければ副作用が強まる危険もありますので気をつけましょう。

 

クラリスロマイシンの作用機序

作用機序というのは薬がどんな仕組みでこういう効き目が出るのかという理屈です。

 

抗生物質(抗菌薬)は有害な菌を殺菌するのが目的ですが、それはどのようにして行われるのでしょうか?

 

細菌は1つの細胞がらできています。この1つの細胞が分裂して増えていくのですが、抗生物質は分裂を邪魔します。細胞分裂ができなければ、細菌は増えませんからやがて寿命で少しづつ減っていきます。

 

抗生物質は直接殺菌を行う訳ではありませんが、増殖手段を封じてゆるやかに有害な菌を退治します。

 

クラリスロマイシンを服用前の注意点

クラリスロマイシンで殺菌できる仕組みをお話しました。とはいえ、クラリスロマイシンは何も考えずに手放しに飲んでいいような薬品ではありません。こういう状態の方は服用禁止、服用時に注意といって注意点があります。そのような注意点をピックアップしていきます。

 

服用禁止

ピモジド、エルゴタミン含有製剤、タダラフィル(アドシルカ)、アスナプレビル、バニプレビル、スボレキサントを投与中の患者

クラリスロマイシンの作用により、これらの薬品の血中濃度が上昇しすぎてしまう可能性があります。いずれも副作用の弱くない薬品ですので、更に強まってしまうと体にとって危険ですので、クラリスロマイシンの服用は控えましょう。

 

肝臓又は腎臓に障害のある患者で、コルヒチンを投与中の患者

同じく血中濃度が上がって副作用リスクが高まります。クラリスロマイシンは飲まないようにしましょう。

 

服用注意

高齢者


高齢者は身体機能が全体的に弱まっているのもあり、薬品を体外に排出する機能が低下しています。そうなる体内残留時間が伸びてしまい副作用リスクも高まります。

 

飲み始めは最小用量からスタートするといいでしょう。

 

肝機能障害のある患者

クラリスロマイシンは肝臓で分解して代謝されます。健康な状態ならまだしも、肝臓が弱っていると大きな負担になりますので注意しましょう。

 

腎機能障害のある患者

薬品は肝臓で分解された後は腎臓で尿に混ざり体の外に出されます。腎臓機能に問題があるとその処理がうまく行かずなかなか体の外に出せません。体内に薬が長く留まり副作用の時間が伸びるようになります。

 

心疾患のある患者、低カリウム血症のある患者

機序は不明ですが、心臓発作を起こす確率が上がるという報告がされています。一人暮らしなどで周囲に誰もいないのであれば細心の注意を払って飲みましょう。

 

妊婦


臨床データが不足している為安全性の確認が取れていません。少なくとも動物による試験では胎児に悪影響が出ている為、治療効果が悪影響を大きく上回ると医師が判断した場合以外での服用は見送った方がいいでしょう。

 

小児

同じくデータが少ないために安全性が確立していません。どうしても使う必要がある場合以外には極力使用は見送った方がよいでしょう。

 

クラリスロマイシンの飲み方に関する注意点

長期連用はしない

抗生物質はあくまで体内の有害な抑制する為であり、なんとなくダラダラと使うべきではありません。それどころか抗生物質に耐性を持った菌が生まれる可能性も含む為、問題は自分だけに収まりません。

 

飲み始めも飲み終えるタイミングも医師の指示に従って行うようにしましょう。

 

大量服用はしない

国内では医師の処方を受けんければ手に入らない薬品です。用量を守らなければどういう副作用が起こるかはわかりませんので必ず用法用量は守るようにして下さい。

 

車・機械の運転前は服用しない

大きなものではありませんが、副作用に眠気やめまいがあります。運転前に飲むのは危険ですので控えましょう。

 

クラリスロマイシンの副作用と相互作用に関する注意点

クラリスロマイシンを服用時はこういう人は注意する、こういう服用方法はしない、といって注意点を挙げてきました。

 

このような注意点を厳守しても副作用は出ます。なので、前もって副作用を知っておけば対応もしやすいでしょう。それに加えて、クラリスロマイシンのみで飲めば問題なくとも、他の薬品との併用で大きなリスクが出てしまう場合があります。
この2つのポイントに関しても解説していきます。

 

クラリスロマイシンの副作用は?

クラリスロマイシンは抗生物質として比較的副作用が少ないのですが、それでもまったくないわけではないです。

 

どんな副作用があるかというと

吐き気、腹痛、めまい、眠気、頭痛、不眠

といった症状が主に出てきます。めまいや眠気は運転時にはとても危険なので注意しましょう。

 

クラリスロマイシンの相互作用はどういうもの?

相互作用が何かというと、2種類の薬のお互いの効き目を上下させてしまうような作用のことです。

 

薬を処方する量というのはあくまで安定した効果を元に考えているのであって、想定の2倍の効果があるのに同じ量を飲んでいいわけはありません。注意点ですが、クラリスロマイシンの効果を大きく買えてしまうような薬品の併用はやめておきましょう。

 

クラリスロマイシンはこういう薬


クラリスロマイシンとは、抗生物質の一種で、多くの診療科で処方されているものです。このクラリスロマイシンはさまざまな症状に有効とされています。では具体的にどのような効果効能があるのでしょうか。
クラリスロマイシンには、静菌作用があるのが特徴となっています。その作用によって、体の中に侵入してきた細菌を攻撃してしまうというよりは、その一部と結合してタンパク質の合成を妨げる働きをします。そのようにして細菌の増殖を抑え、抗菌作用を発揮するというわけです。このような効果があるために、さまざまな感染症に効果を発揮することができます。

 

特にクラリスロマイシンが効果を発揮する細菌には、ジフテリア菌、肺炎球菌、淋菌、マイコプラズマ、またブドウ球菌などがあると言われています。そのため、クラリスロマイシンはジフテリアや破傷風、淋病、肺炎や気管支炎といった呼吸器系の感染症、また中耳炎などの耳鼻科感染症、さらにはおできといった皮膚感染症にも処方され、効果を発揮すると言われています。

 

このようにさまざまな感染症に効果があるクラリスロマイシンですが、他の薬を飲んでいる場合は、飲み合わせに注意することが必要です。医師の指示・注意点に従って正しく飲むようにしましょう。


http://www.truereligionjeansonlinede.com/ http://www.mulberry-veskeroslo.com/ http://baise-mature.net/ http://thegoatstreetcafe.com/